インタネットが一般的に使われだした1995年あたりから既にメールマガジンが広報/広告媒体として使われてきたようです。インタネットのビジネス利用としてはかなり歴史が有る部類になるはずです。

しかし迷惑メール(SPAM)の増大が目に余る昨今、ちゃんとしたメールマガジンですらSPAM扱いされかねない勢いです。 実際私自身melmaとかまぐまぐ、楽天・ゆびとまなどのメルマガはメールサーバで捨てるような仕掛けを施してあり、私のメールボックスには届きません。

それもこれも何しろ受け取るメールの数が増えてしまい、「仕事上読まなくて済むならそのメールの存在すら知りたくない状態」に陥ってたりします。

こう感じる人は私だけじゃないと思うんです。 そんなわけでメルマガの広報媒体としての効果はかなり低いんじゃないでしょうか。

自分に必要な情報かどうかも分からないままのメルマガを待って情報の取捨選択をするよりも、RSSを使った仕組みを使って情報捕獲の網を張る方が余程効果が有る時代でしょ。 気の利いた人なら既にそっちに移行してるはずです。